失敗しない国立中学受験の学習塾選び

難関の国立中学に進学するにはそれに見合った受験対策が必要となります。
そのため、国立中学受験に合格するには学習塾選びがとても大切になります。
当サイトでは国立中学受験を受けられるお子様に人気がある学習塾をピックアップ。
各塾の特徴やメリット、デメリットなどもご紹介していますので。学習塾選びに是非ご参考いただければと思います。

中学受験はいつから始める?

中学受験をするには、ほとんどの場合、小学生4~5年生くらいから塾などに通って勉強を始めます。
中学受験の入試問題は学校の授業レベルをはるかに超えていますので、自宅学習だけでは勉強の内容や最新の入試情報を得るという意味では不利なので、塾などに通うことが多くなるわけです。

中学受験のメリット

将来の人間性形成の上で大切な時期に、中学受験の勉強に没頭することの批判をする人もいますが、決してそんなことはありません。
受験勉強一辺倒ではなく、スポーツや文化的な事にも時間を使ったり、友達と遊んだり、家族と出かけたりする時間も確保してあげれば、子供はストレスなく受験勉強に取り組めるはずです。
中学受験は大学受験や資格試験などと異なり、本人の努力だけでなく親の努力の必要です。子供が最善の状態で受験勉強に取り組むことができるような環境作りをしてあげるのが親の役目です。

中学受験に一生懸命取り組むことのメリットは大きく、将来の大学受験や高校受験の際に中学受験の経験が活かされることになります。
合否の結果にかかわらず、受験勉強の経験を小学生の時期に経験し、受験の厳しさを一度身をもって体験しているということが強みになります。
たとえに失敗したとしても、数年間の受験勉強の経験は子供にとって大きな財産となります。

普通の公立中学に進学後、学校の授業には楽についていくことができるはずです。その余裕を武器に、さらに学習に励むことで学校内でトップレベルの成績を維持し、将来の高校進学を有利に展開させることができます。

内部進学塾でのおすすめは?

国立の大学付属校等の内部進学では通常の学習塾ではなく、内部進学受験に精通している学習塾がお勧めです。そのような塾にシステマがあります。システマでは個別指導で志望校の対策をピンポイントに受けられるのが大きなメリットです。内部進学の大学別対策はコチラで詳しく記載されていますので、ご参考ください。

医学部受験に強い予備校は?

大学受験でもかなりハイレベルな医学部受験では、通常の予備校ではもの足りないかもしれません。もちろん一般的な予備校でも医学部受験クラスはありますが、どうしても大人数講義の場合は自分のレベルに合わないということが生じやすいからです。
そのため、医学部に強い予備校としては個別指導または少人数制の指導方針を行っているところがお勧めです。東京ではこちらの少人数制の医学部に強い予備校がお勧めです。